料理は器にもこだわっています

皆さん、おはようございます。

シチュー

一人暮らしの生活と言うと、どういう生活感を思い浮かべるでしょうか。

汚れた六畳一間で不規則な生活、小さなテーブルの上に食べ終わったカップ麺…?

なんかすごく主観が混ざっているような気もしますが、あながち間違っても居ないとは思います。

それはさておき…

わたしは自炊派です

朝はご飯に味噌汁、野菜炒めと焼鮭、果物とヨーグルト。

3食キチンと食べています。

ただ、お昼は昼休み突入直後に食べることもあり、なかなか調理に時間をかけられないので、朝の残りを温めるとかはよくある話ですが…

それでも、こだわっていることがあります…それは

しっかりと器に盛り付けること

残り物の煮物はタッパーに入れて、レンジアップしたらそのまま食べる…なんて横着はしません。たとえ洗い物を増やしてでも、しっかりと皿に盛り付けます。

食卓には常に、唐辛子やすりごま、粉パセリなどのシーズニングを配備。薬味はできるだけ使うタイプです。

料理にふさわしい皿と食器を選び、きれいに盛り付ける…味わう前に、見た目で味わうこと…それが食事であり、料理であります。

食事は目でも味わい、そして心でも味わいます。だから、見た目、雰囲気、味わい…全てにこだわります。良い食事は、心と体を元気にします。

音楽も料理と同じ

料理に合わせて食器を選ぶように、コンテンツにもコンテンツに合った音楽を選びます。

高級料理のフルコースにクラシックが似合うのは、高級料理が持つ高級感を、クラシカルな音色により相乗効果を持つからです。バーカウンターでゆったりしたジャズが似合うのは、その大人の雰囲気とバーという大人の社交場がマッチングするからです。このいずれにも流行ってるからという理由でクラブミュージックをあてがったら、雰囲気は台無しですよね?

個人的には、料理に対して食器を選ぶこだわりは、コンテンツに対してふさわしい音楽を選ぶこだわりとイコールであると思います。昔から料理をつくるのは好きだったこともあるので、その感性を、楽曲制作や選曲に活かすことができる…それがNRTサウンドの魅力のひとつだと言えるでしょう。

 

ちなみに、今欲しいのは、クリームシチューを盛り付ける木製のスープ皿と、サラダを盛り付ける木製のサラダボウルです。作業環境は鉄やプラスチックの素材が目に付きやすいからこそ、休養を取るシーンではオーガニックな素材を多くしたいとも思っています。
↓手に入れました

簡単料理「チキングリルステーキ」


料理は、心の栄養です。

音楽も、心の栄養です。

 

みんなの心に、いい食事を。

プレミアム楽曲集紹介

NRTサウンドが贈る、商用使用フリーで許諾申請の手間いらず、
簡単便利、職場の即戦力になる楽曲CDです。

Volume1 Rest Volume2 Uptempo Volume3 Luxury Strings

購入はこちら

BASE Webshopにて販売中です。


楽曲制作のお問合せ・見積りはこちら


問合せトップ

“料理は器にもこだわっています” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です