簡単料理「チキングリルステーキ」

皆さん、おはようございます。

料理は器にもこだわっています

こちらの記事のラストにて、木製の食器がほしいと書きましたが…つい先日、木製の食器を購入してきました

そして、気候も随分と涼しくなったので、夏場は購入できなかった鶏もも肉を使って…

チキングリルステーキを作ります

180930材料

材料(1人分)

鶏もも肉:1枚

玉ねぎ:1/4個

パプリカ:1/4個

にんにく:2かけ

醤油・料理酒:大さじ1

まずは鶏もも肉を焼きます

よく熱したフライパンで、皮に塩コショウした鶏もも肉を、皮目を下にして焼きます。

フライパンに乗せたら、蓋をして3分ほど蒸し焼きにします。

皮目が焼けたらひっくり返し、目安2分程度蓋をして焼きます。

鶏もも肉から出る油で意図しないフランベ(フライパン上の油やアルコールに引火し火の手が上がること)にはご注意下さい。

余分な油はキッチンペーパーで吸わせてもいいでしょう。

火を止めて、一口大の大きさに切り、切る前の形に揃えて盛り付けておきます。

この時、鶏肉を焼いたフライパンは洗ってはいけません

ステーキソースを作ります

野菜を粗目のみじん切りにしておきます。

先に玉ねぎとニンニクを、鶏もも肉を焼いたフライパンで炒めます。

先程鶏もも肉を焼いたフライパンをそのまま使用するのは、フライパンに鶏もも肉の旨味や油が出て、味付けになるためです。

軽くしんなりしてきたら、パプリカを入れて混ぜます。

パプリカを混ぜたら、醤油、酒を入れて味を整え、片栗粉でとろみを付けたら、盛り付けておいた鶏もも肉の上からかけます。

鶏肉自体にいい味がついていること、フライパンに鶏もも肉の旨味が付いていることから、味付けを濃くする必要はありません。

簡単チキングリルステーキが完成しました。

冒頭に書いたとおり、木の器に盛り付け、木製スプーンでエスニック風な見た目になりました。

肉厚ジューシーな鶏もも肉の素材の味が生きた一品です。

ステーキソースを三杯酢にして南蛮漬け風にするのも、さっぱりとした違った味わいになると思います。

 

料理と音楽は似た者同士。

料理に合わせ食器を選ぶように、雰囲気に合わせ楽曲を選ぶことも同じです。

さて、次は何を作りましょうか。

楽曲制作のお問合せ・見積りはこちら


問合せトップ

One Reply to “簡単料理「チキングリルステーキ」”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です