NRTサウンド10周年

皆さん、おはようございます。

思えば、ずいぶん遠くまで来たものです。

それは、沼津市のとある家の6畳間から始まりました。
楽曲制作の仕事を請けるという志を掲げたのが2012年…同じ年の年末に、初めて楽曲制作の仕事を請け負うに至る…

そして2013年1月31日…
税務署に開業届を提出した、あの日から10年…

2023年1月31日…
NRTサウンドは、事業開始10周年を迎えます。

楽曲制作の依頼を請け、同人音楽サークルの楽曲制作協力に携わり、時に仕事や情報調達のために東京に飛び、ネットラジオを配信したり、2017年には東京に拠点を移す…
様々なことに挑戦しながらも、時には様々な難関に直面することもありました。
地方に事業所を置いているがゆえに、楽曲制作の仕事を貰えないこと、楽曲制作や楽曲制作者のための様々なセミナーは総じて平日の夜など、東京近郊にいる人に提供されるという、地域格差。
東京進出をかがり火に、前進を続けてきたのはそれに報いるためでもありました。
そして今直面しているのは、コロナ禍と言う近年まれにみるパンデミックと、それに伴う楽曲制作請負の方針転換…
大口での請負から、手数を増やす展開へ…

あとは、コロナ禍の中、機材の新調や技術の練磨といったマイナーアップデートにも努めたりと、時代の流れに合わせて楽曲制作の事業者としての力と強みを磨くことにも取り組んできました。その甲斐もあり、コロナ禍の中にも関わらず2022年はこれまでの中でも最多の業務遂行を成し遂げるに至りました。

NRTサウンドの10年の歩みは、通過点にすぎません。
ただ楽曲を制作するのではなく、楽曲制作を通じて、クライアントのお仕事に、クライアントの求める目標達成をお手伝いする…その姿勢を軸に、これからも楽曲制作に取り組んでまいります。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
フォームもしくはEメールにてお問い合わせください。

掃除しました(2023年1月)

皆さん、おはようございます。

1月になり、今年初の奉仕活動をしてまいりました。

夏場に比べ、冬場の方がタバコの吸い殻のポイ捨ては多いように思えます。しかも由々しいことに、もみ消されずに捨てられてからもしばらくは燃えたような形跡を残すものも…

ここで思い出してほしいのは、2021年の冬。
栃木県足利市で大規模な山火事があり、その火元と言われたのがタバコの吸い殻。特に冬場は湿気が低く乾燥するので、乾燥するということは草木が水分を持たなくなってしまう…夏場と比べると火が付きやすい状況となります。
タバコの吸い殻のポイ捨ては、路上喫煙で周囲に迷惑や危険を及ぼすだけでなく、吸殻自体が二次災害を引き起こす原因にもなりかねません。ポイ捨てはもちろん、路上喫煙もやめましょう。

コロナ禍が原因?激減した「ある物」

コロナ禍が原因だからかはわかりませんが、掃除をしていると「ある物」を見かける機会がぐっと減ったように思います。
そのある物とは、「飲料空き容器のゴミ箱」です。

自動販売機の横には、空き缶などの飲み物のゴミを入れるゴミ箱が併設されていることが多いのですが(確か何かしらの法律で自動販売機の横に設置しないといけないって決まりがあったような…(後述))、最近では飲み物のゴミ箱が併設されていない自動販売機が増えました。
その理由については、「コロナ禍が原因で、回収者のコロナ感染を防ぐため」という意見がありました。この意見はあくまでも敷地内に自動販売機を置いている店舗に回答を求めたところ、そのような回答が返ってきただけにすぎませんが、飲み物の容器と言う、不特定多数が口をつけたものが集まっているというのは、確かにコロナ感染の危険性が高い状況と言えます。ただ、それでも空き缶のゴミ箱が少なくなれば、その分だけ空き容器のポイ捨てと言う形でフィードバックされてしまいます。

ゴミはポイ捨てしない、捨てられなかったら持ち帰るというのは当然ですが、それでも適切に捨てる場所が近くになければ、ポイ捨てと言う形で表れるのもまた事実です。特に最近では、駅やコンビニでもゴミ箱がないケースも露見されます。もっとも、これについてはコロナ禍が問題ではなく、鉄道事業者であればテロ防止といった側面など、簡単に片づけられない理由がありますが。

ただ、ここに行けばごみを捨てられるという場所は、認知されていてほしいですし、確実に存在してほしいものですね。適切に捨てることができれば、ゴミのポイ捨てや不法投棄は大きく減ります。

なお、「自動販売機の横にゴミ箱を置く法律」については、自動販売機のすぐ横に空き容器回収用のゴミ箱を置かなければならないという法律はありませんが、容器リサイクル法による事業者のリサイクル義務に則って、飲料の空き容器を回収するためにゴミ箱を併設したり、地方自治体の条例で定められているケースがあります。ただ、これらは努力義務止まりで罰則規定はないため、結局のところ、「自動販売機の横に空き容器の回収ボックスは置いておく方がいいよね!」ということです。

ただ、当たり前ですが、飲料容器のゴミ箱に対象外のゴミを捨てるケースが後を絶たない場合、自動販売機の管理業者が撤去してしまう可能性があります。無関係なごみを捨てるのはやめましょう。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
フォームもしくはEメールにてお問い合わせください。

意外と思われる楽曲制作業のスタンス

皆さん、おはようございます。

五線譜とキーボード

楽曲制作を請け負う人と言うと、大多数はアーティストのような「音楽としての表現者」をイメージする方が多いかと思います。もちろんわたしも例に漏れず、「音楽としての表現者」の一人です。
ただ、楽曲制作を仕事とする人のイメージと言うと、アーティストの延長と思う方が多いかと思います。それこそ、朝から晩まで楽器を弾き、作曲をし、不規則な生活の中で音楽漬け…

かくいうわたしはどうなのか?

そんなことはありません。
むしろ「仕事が終わったら休みましょう」のスタンスです。
事務作業をし、広報をし、楽曲制作をし、事務作業をする…これが終わったら、本日の作業はおしまい。1日中音楽漬けの生活…なんてことはありません。

意外に思われる方もいるかもしれません。
同業者の中では、同業者にあるまじき怠慢と思う方もいるかもしれません。

ですが…例えば、サラリーマンの方はどうでしょうか。
会社に通勤したり、テレワークとしてノートPCを開くなどして、仕事を始めてから終業まで仕事はしますが、そこから先は資格勉強でもしない限り、会社での仕事のことから切り替えているかと思います。
同じようなことを、楽曲制作業でもやっていこう、と思っています。

その背景には、自営業と会社員は異なるようで共通要素を持っていることがあります。芸能系の仕事も、会社員も、「クライアントとやり取りをして、成果物を納めて、対価を受け取る」点は同じです。
また、芸能系の仕事はどうしても「実績がないうちは稼ぎが少ない」という印象が、内外問わず付きまといやすいものです。その点についても、「仕事をした対価が実績や名声が故に値引きされていいものなのか」という、仕事に対する理不尽に対し、「事業者」として毅然とした態度で是正をしなければならないと思います。

そのためには、クリエイターとして名乗る以上は「事業者」という意識をはっきりとし、その最たるものとして「仕事をするときは仕事をする」と、オンオフが曖昧になりがちな芸能職だからこそはっきりと線引きすべきと思います。

ただ、これは私生活に対して仕事に役立ちそうな感覚を持ち込むこと、オフタイムに仕事のことを考えることを否定するものではありません。
楽曲制作者を始めとする、芸能職がしっかりと仕事をするため…どうしても公私の線引きがあいまいになりがちな立ち位置だからこそしっかりと線引きをして、「仕事をしてそれに見合う対価をいただく」意識を持ったクリエイターが増えることで、不当な取引にも毅然と対処でき、芸能職を生業とする人が増える…芸能文化を維持することにつながると信じています。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
フォームもしくはEメールにてお問い合わせください。

2023年のご挨拶

皆さん、新年あけまして、おはようございます。

2023年が始まりました。
今年は、ココナラでの小口案件請負を軸に、コンスタントに実績を積み重ねることを目指していこうと思います。

コロナ禍で迎えた、3回目の年始…
マスクをしての参詣ではありますが、年々その人出は増えていきます。奇しくもウィズコロナの中からこれまでの生活を徐々に取り戻していく構図となるのでしょうか。1日も早いコロナ禍の終息、マスクの要らない夏を迎える年にしたいものですね。

NRTサウンドにとっても大きな今年…
それもそのはず、2023年1月は、NRTサウンド活動開始10周年となる節目の年です。
これまで、楽曲制作を経て地域社会の活動に貢献してきました。
ただ楽曲を作るだけでは終わらない、なぜ楽曲を作るのかを自問し、楽曲制作はクライアントの仕事を助ける「手段」であり、クライアントの仕事の遂行を担うことが目的であることを忘れず、引き続き取り組んでまいります。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
フォームもしくはEメールにてお問い合わせください。

2022年の御用納め

皆さん、おはようございます。

ねこ

2022年は激動の年になりました。
コロナ禍というパンデミックの真っ最中に勃発した侵略戦争と、元総理の暗殺事件…正直なところ、連日の報道に心が疲れる情勢ばかりでした。

一方、NRTサウンドの活動は、地道ながらも案件を重ねていき、去年よりも大きく躍進することができました。特にコロナ禍の煽りを受ける方も少なくない中で、実績を積むことができたのは大変ありがたい限りです。また、それもあって、制作環境の強化や制作技術の練磨にも努めることができました。制作環境の刷新は、成果物のクオリティ向上につながります。

来年はNRTサウンドにとって重要な1年になりますが、それだけでなく、ココナラを中心とした短期納期小口案件のコンスタントな請負と、オーディオストックを中心とした楽曲素材販売に力を入れていこうと思います。

楽曲制作ができることは言うまでもなく、地域社会に根差した活動を支援する…
「音楽で、あなたの仕事をお手伝い」をモットーに、2023年も躍進を続けます。

なお、12/29~1/4は年末年始期間となりますので、ご了承ください。

それでは、良いお年を!

大掃除しました

皆さん、おはようございます。

ほうき

週末に大掃除を実施しました。

掃除自体は、部屋の床掃除、作業部屋やリビングの机の上の掃除、台所の壁面に洗面台の拭きあげ、トイレ掃除を毎週行っているので、換気扇の掃除や冷蔵庫の拭きあげに窓掃除など、普段実施しない箇所のみを掃除するにとどまりました。
それにしても、浴室の壁面の黒カビにセラチア除去はなかなかに厄介で、塩素系洗剤のせいで目が痛い喉が痛い…それでも、掃除が終わって、これで清々しい気持ちで新年を迎えられそうです。

併せて、今年最後の外掃除もしてきました。
空気が乾燥しているというのに、タバコの吸い殻…それももみ消されていない火が着いたまま捨てられたものが目立つようになりました。実際、タバコの吸い殻が原因で山火事に発展した事例や、草地が火災になったこともあります。
天気予報では空気の乾燥の際に「火の元にご注意ください」とはよく言いますが、具体的には何を注意するべきかまでは言われていません。せめてタバコのポイ捨てはやめましょうと言うだけでもだいぶ違ってくることでしょう。

さて、この季節、街路樹がある通りでは落ち葉が歩道や車道を埋める光景が目につきます。
有志の方が街路樹の落ち葉を掃いて掃除してくれるケースも少なくはないのですが、集めた落ち葉を入れるのは市が指定するゴミ袋…
住人が有志で街路樹の落ち葉を掃除してくれるにもかかわらず、集まった落ち葉は市が指定するゴミ袋を用意する、つまり「街路樹の落ち葉を自費で処分する」ということです。せめて相当のゴミ袋をある程度配布するなど、住民の善意に対して行政が応えてもいいのではないでしょうか。
言い方はよくないですが、街路樹のある通りに面した住人に街路樹の落ち葉を掃きとるに十分なゴミ袋を握らせて掃き掃除をお願いした方が、行政が業者を動員させるよりもずっと安価に街の掃除ができることを狙えるかと思います。まあ、ゴミ袋を握らせて「掃き掃除よろしく」と言うのですから、言い方がよくないのは百も承知ですが。
今年も間もなく終わります…年末年始は何かと忙しいのですが。
ちなみに、年末年始期間(12/27~1/4)は業務の請負や問合せを停止いたします。
2023年1月は、ココナラのサービス販売の開始と…NRTサウンドに密接に関係があるイベントが発生します。どうぞお楽しみに!