物にアドレスをつける

分岐点

皆さん、おはようございます。

分岐点

先週、出先で食事会をしたのですが、その時に聞いた内容が非常に頷ける内容だったので共有したいと思います。

「物にアドレスをつける」

アドレスとはAddress、つまり住所ですね。この話では「ものがあるべき場所、ホームポジション」という定義になります。これを、すべての物に対して振っていきます。
例えば、ゴミ箱はテーブルの下、ティッシュ箱は机の左端、といった感じです。
これは何がメリットがあるかと言うと、メリットは2つあります。

ひとつは、アドレスのとおりの場所に置くことで、ここに物があるというのが認識できる。
例えは悪いですけど、一見散らかっているようで、必要なものがすぐに取り出せるというエピソードはよく目にします。それはまさに、アドレスのとおりに物が置いてあるということになります。

もうひとつは、アドレスを振れないものは不要であるという認識。
この作業机の上には、筆記用具と定規だけを置いておく、それ以外は置かないとしておけば、必要性を更新しない限り、その作業机の上にアドレスが無いものが置かれていれば、それは不要なものとして認識できます。
もちろん、作業をするために一時的に出してある、という場合もありますが、その場合でも作業が終わればアドレスを振られた場所に移動できるので、結果として作業机の上は作業机の上にアドレスを振られたもの以外が置かれない状態となります。もし作業机の上に置かれていて、どこにもアドレスを振ることができないというのであれば、それは不要であると認識することができます。

この、アドレスを振るという認識、物を置く場所を指定することにより、必要に応じてすぐにアクセスができる、アドレスの示す場所に置いておくことで生活する上での動線を阻害することがない…簡単に言えば整理整頓ができた状態となります。
そして、アドレスのないものが増える、アドレスはあるがそこに戻れない、必要なものではあるがアドレスを振ることができない状況に直面した際、根本原因が発覚し、それを対処する必要が出てくるということになります。

実際、ゴールデンウイークや盆休みなどの長期休暇には、楽曲制作に関する自主学習だけでなく、作業に必要な情報の整理…機材やマニュアルをどこに置くかといったインフラ整備にリソースを充ててきました。楽曲制作のみに限りませんが、プロのクリエイターがプロたる理由には、納期に合わせて成果物を制作する効率性があります。アプリケーションのショートカットを憶えるなどのミドルウェア的な内容もありますが、快適な作業環境を整える、机や脚元を汚す、機材のコードを引っ掛けるなどのリスクを排除すると言った、インフラを整えることも高い効率性を保つ要因となります。
今回、アドレスを振るということに大きく頷いたのも、プロのクリエイターが自ずとやっていることだから、というのはあるのかもしれませんね。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
見積・問合せフォームよりお問い合わせください。

掃除しました(2024年5月)

皆さん、おはようございます。

過ごしやすい気候にはなりましたが、散歩すると汗ばんでくるほどです。
そろそろ、早い時間に掃除をすることを検討する季節ですね。

コンビニのレジ横に置いてある食べ物の包装、調理パンの空袋、でもダントツで多いのはタバコの吸い殻です。紙タバコ、電子タバコ用とありますが、往路で拾っても復路で再度捨てられてるケースが多いのは圧倒的に紙タバコです。正直なところ、紙タバコに火をつけている人の方が喫煙マナーが悪い気がします。マナーのない喫煙は副流煙で気づきやすいのが紙タバコだからということもありますが、それを差し引いてもマナーの悪さが目につきます。

地域の掃除ですが、近所の方にねぎらいの言葉をかけてもらうことがあります。
住んでいる地域をきれいにするのもさることながら、治安を良くする、治安を悪くしないことにも一役買うものだと思います。人の目につかない、誰も掃除しない、だから汚れたままであり、汚すことへの罪悪感が薄れ、更にゴミは積もる…これは何も、人目のない場所だけに起こるとは限りません。住宅地でも、同じことは起こりますし、むしろ人が住む以上余計に厄介です。住宅地が汚され掃除されないということは、治安が悪いことの証左、惹かれるように治安を悪化する要因が集まってくるというものです。
地域の掃除をするのは、それを防ぐ役割もあるのです。
例え、掃除をしても、それを嘲笑うかのようにポイ捨てをされても、折れなければ必ず情勢は上向きます。そして、折れなかったことがもたらした実績が橋頭保となり、ポイ捨てをしない、汚さない、そんな街づくりにつながることでしょう。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
見積・問合せフォームよりお問い合わせください。

iPad Proの広告と表現の自由

皆さん、おはようございます。

廃品回収車

先日情報をリリースしたApple社のiPad Proについて、プロモーション動画が物議を醸しました。
積み上げられた楽器やゲーム機筐体、ぬいぐるみなどを、プレス機で押しつぶし、押しつぶされた後にiPad Proの本体が出てくるというものですが…これが「気持ち悪い」「音楽に携わる者への冒涜」などと批判が相次ぎ、同社が謝罪、当該動画を使用したCMの放送は見送るにまで至りました。

同じ音楽に携わる者として、ピアノやギターがプレス機に潰され、風船が破裂するように爆散する姿は、正直不快感を抱きました。
おしまい。
…終わっちゃダメだ。

表現の自由の範疇なのか?

この動画は大量の批判を浴びました。
果たしてこれは、表現の自由の範疇なのでしょうか?

答えとしては、「表現の自由の範疇」と言えます。

表現の自由とは、表現の手段や内容が他者の人権を侵害しない限り、表現する機会を認められるというものです。今回の内容は、確かに関係者から見ると非常に不快なものであるかとは思いますが、その中で関係者に対して貶める意図が明確であることを確立できない以上、表現の自由の範疇であると言えます。

では、当該動画への批判は、間違っているのでしょうか?
この答えは「No」です。

表現の自由とは、表現する機会を認められる一方、表現をしたことに伴う結果に対して責任を持つ、表現をしたことに伴う結果を受け入れることにあります。今回、多くの批判の矢面に立たされることとなり、謝罪をするまでに至りましたが、これ自体が、表現の自由を行使したことによる責任と言えるでしょう。

表現に自由と言うと、本当に当たり障りなく表現の機会を享受できるものと思われがちですが、それに伴う責任が置いてけぼりになりがちなのもまた事実です。特に芸能関連の仕事や趣味は表現の自由が揺らぐことで、致命的な状況に晒される危険性を孕み、これまで幾度もその状況に晒され、乗り切ってきましたが、今後も同様の事態は起こり続けることでしょう。
表現の自由は、クリエイターの源泉…権利を享受し続けるためには、権利を侵害されないように守る義務もあります。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
見積・問合せフォームよりお問い合わせください。

〇〇クリエイターは今後激減する?

分岐点

皆さん、おはようございます。

分岐点

様々なクリエイターが跳梁跋扈する今日…
どこかの組織に属しながら活動していたり、組織に属さずSNSなどを中心に活動していたりと、その活動方針は多種多様です。
しかしながら、今後はとあるクリエイターが激減し、反対にとあるクリエイターの絶対数が多くなると予想しています。

それは、専業クリエイターです。

言うまでもないですが、専業のクリエイターとは、クリエイター業に係る仕事だけで収入を得て生計を立てている人のことです。そこに組織への所属やフリーランスなどの枠組みは関係ありません。
しかしながら、今後は副業などの兼業クリエイターが増え、専業のクリエイターの数は大きく数を減らしていくものと思われます。

まず、専業のクリエイターが減る理由ですが、制作案件を奪い合う同業他社が増えることにより仕事の受注数が減少していること、クリエイターを自社で抱えるなどをせずすべて外注に切り替え、組織に属して活動するケースが激減していること、10年以上前からずっと言われていますが、案件自体に十分な報酬が支払われないことが挙げられます。約1年ほど前に「インボイス制度の導入でクリエイターが危うい」と土壇場で叫ばれていたように、ちょっとの収入源によりクリエイター生命にかかわるほどにしか報酬を得られない状況が露呈しました。そもそもインボイス制度の導入の是非によらず、十分な支払いが無い状況は深刻なクリエイター問題として直ちに是正が必要ではあるものの、声を上げた人はほとんどいませんでした。

そして、副業などの兼業クリエイターが増える理由ですが、これには単純に企業自体が副業を推奨するなど、安定した収入基盤を持ちながらクリエイティブな仕事をする人が増えることが想定されるためです。常に生活苦と背中合わせの専業と、安定性を確保した上での副業では、どちらの方がのびのびと仕事に従事できるかは言うまでもありません。

なお、個人的には本来クリエイターは専業で仕事ができる状況であるべきとは思うものの、副業のクリエイターが増えることについては、本業のクリエイターを増やす土壌としての役割があるものとして推奨する立ち位置でもあります。
なぜなら、副業である…すなわち本業に会社勤めなどがある場合、社会的マナーなどのノウハウを学習できる場があるからです。昨今、プロのeスポーツプレイヤーがSNS上での暴言を理由に契約を解除されたり、VTuberが機密情報を漏洩して契約解除されるなど、本業の生命を絶たれるに等しい事例が発生しましたが、必要なスキルだけを求め、プロとしての最低限の振る舞いを学習する場がなければ、このようなプロにあるまじき振る舞いは回避できません。現場に属し、そこでの経験を経てプロになったフリーランスであれば、現場経験の中でプロの振る舞いを会得しているため、そこまで問題になることは少ないでしょう。

次に、副業での活動が恒常化するにつれ、税制や確定申告などの税務に対する勉強の土壌が共有されることにあります。当然ですが、個人事業主になる、もしくは一定以上の収入がある場合、確定申告を行い、副業での収支報告をしなければなりません。(収支報告のため、状況によっては収入があっても納税せず還付になる場合があります)
但し、収支報告を行わない場合、たとえ収入よりも支出が上回ると実感できていても、支出がわからない以上実益とみなされ、脱税とみなされる可能性があります。それを避けるためにも、一定以上の収入がある場合は、差引マイナスでも確定申告を行わなければなりません。(真っ先に同人活動の売り上げが上がることが多いですが、内容としては同じです)
また、クリエイターを保護する新法の施行や、独占禁止法・下請法など、クリエイターが憶えておくべき法律を把握しておくことにより、免税事業者を理由とした契約の打ち切りや請負価格の値下げ強要など、クリエイターが不利益を負う事案から身を守ることもできるようになります。クリエイター個人が不利益から身を守るということは、クリエイター界隈が不利益から身を守られることにつながります。

ただ、副業の恒常化の黎明期においては、いいことだけでなく、悪い側面が目立つ懸念もあります。副業で請け負うということは、クリエイター個人が自由に請負金額を設定することができるため、世間の相場よりも著しく安い価格で請負を打ち出し、実績欲しさに業界全体でダンピングが横行する懸念も否定はできません。しかし、副業で請け負うという、主収入を補完する目的がしっかりしているのであれば、相応な価格を設定することは可能でしょう。

いずれにしても、クリエイターがいなくなれば、クリエイティブな仕事を請け負える人はいなくなり、幅広い業界に不利益をもたらします。
専業兼業問わず、まずは自分たちの振る舞いが業界を作る、業界の未来を創るということを把握することが大切だと思います。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
見積・問合せフォームよりお問い合わせください。

クリエイターと言う「不名誉」?

名刺

皆さん、おはようございます。

名刺

SNSを見ていると、こんな内容を目にすることがあります。

クリエイターに向いているということは、社会性に欠けていることの裏返し

明らかなクリエイターに対する侮蔑ですね。
クリエイターとはいえ、個人事業者…絵や音楽、音響、動画制作に編集…専門的なスキルを活かしコンテンツを作る商売人です。
クリエイターは会社員などと同じ、社会で働く存在であることに変わりありません。
おしまい。

…終わっちゃダメだ。

ではなぜ、クリエイターが悪く言われるようなことがあるのでしょうか。
過去、クリエイターは何かしらの会社に所属し、現場の会社員と言う形で仕事に携わり、そのまま定年ないし商売のノウハウと名声を会得したタイミングでの退職と言う形で、社会の処世術を学ぶ機会が多かったものです。
しかしながら、昨今では現場自体がクリエイターを受け入れ抱え込む仕組みがなくなり、さらにSNSや動画投稿サイトなどで作品公開をできそこから仕事につながることもあり、フリーランスのクリエイターが溢れるようになりました。
想像するに容易いですが、現場経験や社会のルールなどを実地で学ぶことが無いクリエイターが増えることとなります。

もちろん、過去にクリエイターが会社に所属していた時代では、クリエイターがまっとうな人揃いかといえばYesとは言えないでしょうが、それでも「クリエイターをマネジメントする人」がいる分だけリスク管理はされていることが多かったものですが、今はクリエイター自身が直接クライアントの窓口となる分、クリエイターの人となりが如実に表れることが多くなりました。特に昨今、VTuberの中の人やプロのEスポーツプレイヤーが暴言や機密事項漏洩などで炎上・契約解除などで騒がせることも珍しくはありません。

また、クリエイターやアーティストについては「変わり者なぐらいがちょうどいい」など、最低限のルールを守らないことを「クリエイターやアーティストとはそういう生き物だから」との一言で是正しようとしない免罪符にしようという想いも助長している要因と思われます。

冒頭でも語りましたが、クリエイターは専門的なスキルを売りコンテンツを作る商売人であり、クライアントとやり取りして成果物を納め、労働の代価を頂くことは会社員と遜色ありません。とはいえ、目に余る同業者の行為は、確実に界隈を腐らせることにつながります。
クリエイターは1商売人として、最低限のマナーとプライドを持ち、仕事の請負もさることながら、業界の維持向上と界隈の是正に務めなければならないでしょう。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
見積・問合せフォームよりお問い合わせください。

M3 2024春に参加します

皆さん、おはようございます。

画像

NRTサウンドが活動支援するサークル「Magical Muse」が、4/28(日)に開催される、M3 2024春にサークル参加します。
主なラインナップとして…
・美少女ゲームを想定したボーカル曲+サウンドトラック
・あいミス(あいりすミスティリア!)アレンジ楽曲総集編
のほか、あいミスのアレンジ楽曲作品やその他オリジナル作品を持参します。

スペースは、第2展示場2階、コ-25B「Magical Muse」です。

作品の頒布も行いますが、楽曲制作のご相談、楽曲制作者や楽曲制作関連の方のご挨拶や名刺交換、コンピレーション作品へのお誘いにつきましても対応いたしますので、お気軽にお立ち寄りください。

個人・団体・法人問わず、ゲーム用BGM・動画用BGM・動画配信用BGM・ボーカル曲/ボーカロイド曲のバックオケ制作など、1曲より承ります。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
見積・問合せフォームよりお問い合わせください。