クリエイターとクライアント、どちらが偉いのか

皆さん、おはようございます。

クリエイターとクライアントはどちらが偉いのか…です。

クライアントがお仕事を依頼し、クライアントはそれに応え、成果物を納品して、報酬を頂く…当たり前ですがクライアントが居なければ、クリエイターは食べていけません。会社員に当てはめれば、営業が仕事を貰ってきて、業務と言う形で成果を収めることで会社に報酬が入り、給与として分配されます。
クライアントのほうがクリエイターより偉いというのは、言うまでもありません。
おしまい。

…終わっちゃダメだ。

じゃあ答えはどうなんですか?

答えを言うと、クリエイターからすればクライアントの方が偉いと思います。
…あれ、やっぱり前言と同じじゃないですか。

クリエイターからすれば」クライアントの方が偉いと「思います」です。
実際は、クライアントもクリエイターも平等であるべきだと思います。

クリエイターからすれば、クライアントが居なければ仕事を請けて報酬を得ることがありませんが、クライアントからすれば、クリエイターが居なければ成果物を受領してコンテンツのリリースなどで報酬を得ることができません。クライアントからすれば、クリエイターがいることで初めてコンテンツリリースをすることができるわけです。

但し、クリエイターからするとクライアントの方が偉い、ということと、クリエイターとクライアントは対等であるべき、というのは矛盾なく両立します。そしてクリエイター側は、クライアントに敬意を払いつつも、クリエイターとクライアントが対等であるべきという方式を維持する責務がある物と考えます。簡単に言えば、付き合いで謙ることは必要だが、クリエイターとしての尊厳に踏み込むような無茶なレベル、過剰なレベルの要求には毅然とした対応が必要と言うことです。
その均衡が打ち崩された時に待っているのは、名声や今後の仕事をちらつかせて無償ないし激安で案件を請け負わせ、なおかつクリエイターを尊重しない、クリエイターへの搾取です。

少し前に、インボイス制度が施行された際に、インボイス制度導入の反対運動がクリエイター内で沸き起こりましたが、そもそも適格請求書発行事業者になって消費税の納税義務が発生したとしても、十分な報酬を得られていればインボイス制度がクリエイターを殺すといったような表現をしなくて済んだはずです。それどころか、インボイス制度導入前から経済的事情を理由として廃業を宣言したクリエイターもいることから、根本原因は報酬が適切に支払われていないことにあり、インボイス制度がクリエイター問題に密接に関与していないことは明白です。
あれからもうじき1年…果たしてどれだけ、クリエイターの困窮に対して正しく声を上げる人が残ったでしょうか?一時的なインボイス制度反対運動の終息が、クリエイターの待遇改善の声そのものまで一緒に連れ去ってしまったようにも思えます。

今の時代、クリエイターがものづくりだけで来ていればいい、という時代ではありません。
本当はそれが理想でしょう…何も考えずにものづくりにひたすら打ち込める、これほど恵まれた環境があるでしょうか。
しかし、会社がクリエイターを抱えることが少なくなり、フリーランスでの活動が主体となり、案件獲得や作品発表の場が多岐に渡るようになった以上、作品だけを作っていることだけがクリエイターがやるべきことではなくなりました。少なくとも、クリエイターと言う「1事業者」として、業界を守るための行動を自ら考えて行う必要性が出てきていると思います。誰か一人の身勝手が、業界そのものの信頼を失墜させ、全体を困窮させる危険性など、いくらでもあります。

これまでの記事の中で、ただ楽曲を作るだけが仕事ではないということを訴求してきたのはまさにそこで、クリエイターを守る、業界を守るために啓発することも、業界に携わる人の責務であると考えています。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
見積・問合せフォームよりお問い合わせください。

7月にやってみよう

皆さん、おはようございます。

分岐点

7月…
本来は6月に梅雨入りしてそろそろ梅雨が明けるかな…という頃合ですが、今年はそんなこともなく、むしろついこの間梅雨入りしたという様相でした。

6月は「ガッツリ部屋掃除をする」が目標でしたが、成果としては
・確定申告に関する書き方などの資料の処分
・押入に入っていた古びた物干しなどを粗大ごみで処分
・読まない参考書の処分
・本棚やCD棚を圧迫していたソフトウェア系をまとめてアーカイブ化
・タンスの中を圧迫していた、着た記憶のない衣類を処分
と、だいぶ根本にアプローチした内容の掃除でした。ただそれでも、まだ整理整頓が不十分なところはあります。

7月は、余暇を作ることを試してみます。

余暇…?
それは休日に休めばいいんじゃないですか?
正直言ってその通りです…休日に休めるのであれば。

平日に仕事をし、家事に追われ、休日は平日に感じた物品の不足や食材の調達…
そう、平日にできなかった雑務が負債となり、休日にのしかかってくるのです。
これではどうして、休日に休もうと言えましょうか。
休日に休めなければ、十分な回復をする間もなく、次の1週間が始まります。それを繰り返しているうちに、作業効率は落ち、負債の返済のために忙殺され、どこかのタイミングで反動を受けて体調を崩すといった形で表れる…そのリカバーもまた負債となり…

なので正直なところ、「余暇を作る」というのは、今月は達成できそうにありません。
では今月は一体、何をするのでしょうか…?
今月やることは、余暇を作るために必要なことを遂行する、です。

余暇を作るためには、「休日に作業を回さない」ことが必要となります。
休日に作業を回さないためには、平日に仕事が終わってから作業を消化する時間を設ける、平日の作業を効率化するための作業を実施することになります。場合によっては、休日に回すことが予定されている作業を、平日の夜に先に着手することもあります。

ただ、それでも休日にこれだけはやらなければならない作業は生じてしまいます。それでも、効率化のための作業、積み重ねてきた作業は、休日に発生する作業量を減らすことができ、結果として休日にしっかりと休めることにつながってきます。

休日にしっかりと休めば、平日のポテンシャルが高くなり、作業効率や能率が高い状態で仕事をすることが可能です。あとはその状況を維持して、無用に休日に重なってくる負債を消化していけば、平日に仕事をして、休日に休むサイクルの構築が可能となります。
今のところ具体的な作業として考えているのが、参考書類の更なる断捨離、カラーボックスなどの収納そのものの処分、業務に必要な資料のリファインです。物を少なくすれば、収納は相対的に増え、作業に必要なものを作業時に取り出しやすい・収納しやすい場所に置いておくことが可能となります。作業を効率化すれば、休日だけでなく、平日にも余剰ができ、その時間を別のことに投資することが可能となります。単純に考えれば、請け負う案件を増やすために行動できる、でしょうか。

1か月後の夏のアレに向けて忙しい時期が続きますが、それが終わったタイミングで、一気呵成に作業スペースの効率化を、1からやり直すレベルで実施していきたいと思います。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
見積・問合せフォームよりお問い合わせください。