題名のない音楽会スペシャルライブに行ってきました(オンエア編)

皆さん、おはようございます。

六本木ヒルズ

テレビ朝日で行われた、題名のない音楽会スペシャルライブコンサートから2週間…その様子が放送されました。

放送を見た感じで受けた印象は…

結構端折られてる!

ライブコンサート自体は、アンコールを除いても30分ほど、番組はCMを入れても24分程度なので、さほど編集される余地はないかなと思いましたが、意外と編集で削られているところはありました。

3曲めのケロポンズの曲が始まる前

立ち見していた前側に、ケロポンズのエビカニクスに合わせてエビの被りものをしていた子が居て、わざわざ松尾アナウンサーがアプローチしてまでその子にフォーカスが当たったので、おそらくそのタイミングでカメラに映るんじゃないかな、と思っていましたが、そのシーンは見事にカットされていました

4曲目後半の「セプテンバー」後半部分

実は…この曲の後半、客席全員でサビの部分に日本語をあてがった歌詞を歌う、という展開がありました。

見事に無かったことになっていました

夏は 終わらないよ

汗も 止まらないよ

夏は まだまだ暑い~

こんな感じの歌詞をセプテンバーのサビに合わせて歌うという展開がありました。その部分がカットされてラストまで何事もなくつなぎ合わされていました。

全体的に見て、序盤はそこまでカットがなかったのですが、後半はそれなりにカットが目立った気がします。でも、尺合わせだから仕方ないと言えばそれっきりですし、カットされていた展開は、会場に足を運んだ人だけが知っていると考えると、コンサートに赴くことのプレミア感もあるというものです。

ちなみに、エビの被り物の子のすぐ近くに居たこともあり、ケロポンズのエビカニクスあたりでそれなりに放送で映っていたことを確認しています。

カメラ映りを狙いたい人は、迷惑かけない範疇でそれなりにユニークに動いてみてはいかがでしょうか。

 

なお、最後の曲、ヤングマン(YMCA)の手振りをした時に思ったことですが…

Y、M、Aはともかく、Cは…

自分から見てCなのか

相手から見てCと見えるようにするのか

考えさせられました。

おそらくコレ、「手振りでCを表現してみてください」という心理テストや性格診断に使えるのではないでしょうか。

自分から見てCとする人

相手から見てCとする人

「誰に対してCと見えるようにすればいいんですか?」と訊く人

周りを見て自分で表現したCの向きを変える人

考える限り、これぐらいの結果は予想できそうです。

 

でも、コンサートで聞いたもの、テレビやCD・DVDで聴くもので思っていた以上に差が出るので、やっぱりコンサートに足を運ぶのはいいものだ、と改めて思いました。

それにしても、この夏の暑さ、いつまで続くのでしょうか…

楽曲制作のお問合せ・見積りはこちら


問合せトップ

“題名のない音楽会スペシャルライブに行ってきました(オンエア編)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です