BGMを使う方法アレコレ

皆さん、おはようございます。

CD

映像やイベントなどにBGMがほしい…

でも、どうやってそういうBGMを調達しましょうか…

今回は、BGMを使う方法について、考えてみようと思います。

BGMを使う方法アレコレ

1. 市販の音楽CDを使う

利点
  • CDをラジカセや音響機器で流せばBGMに使える
  • 商業レベルなので質が高い
欠点
  • 著作権団体に登録されている曲は無許可で使えない
  • BGMとしての効果はあるのか

最も身近な音源であり、最もBGMとして使いやすいとは言えます。特に市販の楽曲は聴いて知っているケースもあり、馴染みがあります。

しかし、NEXTONEやJASRACなどの著作権管理団体に管理を委託している楽曲は、一部例外を除いて自由に使用することはできません。著作権管理団体に登録されている楽曲、CDなどの音源は、使用の際に許諾を得る必要がありますし、登録されていない楽曲についても、著作者に無断で使用した場合は著作権法違反に相当します。

また、BGMとして使用するにしても、場面やイベントに即した内容であるかどうかは別物です。

2. 無料BGM素材を使う

利点
  • 無料である
  • ダウンロードしてすぐに使える
欠点
  • 探し、吟味するのに時間がかかる
  • 使える形に落とし込む知識技術が必要
  • 時には妥協も必要

一方、無料素材を使用する場合、使用については無料であり、許諾申請を行わなくていいケースも珍しくありません。

「こんな感じの楽曲が欲しい」と思った時に、ダウンロードしてすぐ使える応答性の高さは、他の選択肢にはない優位性であると言えます。

しかし、無料素材の使用については、営利目的での使用は禁止・加工後の再配布禁止等の条件が付与される場合があります。用途について熟読しなければなりません。

無料素材ではあるものの、この楽曲がどんな雰囲気か、本当に使いたい場面に即しているのかを確認するには、実際に聴いてみて確認が必要なため、イラストや写真の素材と比べ、吟味には遥かに時間がかかります。楽曲素材を用意するための時間や労力は自分持ちです。

また、ダウンロードした音源はファイル形式なので、それを音響機器で鳴らす、CDプレイヤーで再生できる形に落とし込むための知識技術が必要となります。

mp3ファイルをエクスプローラーでCD-Rに記録しても、音楽CDとして再生はできません。(※大惨事になりかねないのでやめましょう)

3. 思い切って制作を依頼する

利点
  • 用途に即した曲を納品してくれる
  • 楽曲を用意する手間がいらない
  • 著作権に関する問題に依存しない
欠点
  • 制作料金がかかる
  • できあがるまでに時間がかかる

「この場面や用途に合う曲を作って」と仕事を投げれば、しばらくすると用途に即した楽曲ができあがってきます。楽曲を選ぶための時間や労力を、自分の仕事や休養に充てることができます

更に、「発注者の用途のために」制作されたオーダーメイドであるため、著作権に関する問題はもちろん、用途外の使用や加工、再配布についても特に制限なく利用することができます。

欠点は、無料素材の利点を満たせないことでしょう。

「できあがるまでの時間を他の作業に充てられる」というのは、裏を返せば「できあがりまでに時間がかかる」ので、急を要する場面には向きません。

また、オーダーメイドという「楽曲を用意するために仕事をさせる」形態のため、「出来合いのものを配布する」よりも金銭面でのコストが高くなります。

総括

簡単にまとめるとこんな感じです

市販楽曲

著作権団体に使用許諾を申請しているなら選択肢としてはあり

無料BGM素材

金銭的コストはかからないが、全体的なコスパはどうなのか

BGM制作を依頼

金銭的コストはかかるが、使い勝手がいい

この中で、コンテンツに適したBGMを用意するのに最適な方法を選ぶことが求められますが、いずれにせよ、コンテンツに即した楽曲が用いられ、コンテンツの魅力がBGMによって高められることが、楽曲を制作する側としては喜ばしいことだと思っております。

なお、NRTサウンド プレミアム楽曲集は、商用フリー、許諾申請の必要なし、CDラジカセひとつですぐ使える即時応答性が揃ったオリジナル楽曲集です。

こういう選択肢もありますので、どうぞお見知りおきを。

プレミアム楽曲集紹介

NRTサウンドが贈る、商用使用フリーで許諾申請の手間いらず、
簡単便利、職場の即戦力になる楽曲CDです。

Volume1 Rest Volume2 Uptempo Volume3 Luxury Strings

購入はこちら

BASE Webshopにて販売中です。


楽曲制作のお問合せ・見積りはこちら


問合せトップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です