「いい曲」の定義ってなんだろう?

皆さん、おはようございます。

ヘッドホン男性

「この曲、いい曲だね」

「ああ、これはいい曲だ!」

「とてもいい曲です」

…口々に「いい曲」とは言うけれど、その定義は人それぞれ。

今日は「いい曲」の定義について、考えてみたいと思います。

「いい曲」って、なんだろう?

いい曲を定義すると思われる要因を考えてみたいと思います。

  • 雰囲気に合う
  • 感情に訴えかける
  • 有名な曲
  • 流行りの曲
  • 好きな楽器を使っている
  • 好きなジャンルの楽曲である
  • 好きなアーティストが歌っている/演奏している
  • 音質がハイファイで解像度が高い

いろいろと挙げることができます。

しかし、上記に挙げたものは、大多数が人の好みに依存する、流行などの時代背景に依存する相対的なものだと思われます。特にラストの音質が~については正直マニアックな領域です。

では、当たり障りのない、大多数が求める「いい曲」って一体何か…と考えると、やはり「雰囲気に合う」「感情に訴えかける」と言った、楽曲の存在意義に忠実であるという要因ではないかと思います。

  • 風景を見せる番組であれば、喧騒を忘れるようなゆったりとした音楽。
  • 田舎の景色だったら、アコースティックギターで空気感と郷愁を奏でる。
  • ラブシーンだったら起伏に富んだストリングスサウンドで感情を描きます。
  • ファンタジーの世界なら、トランペットが大活躍の曲が欲しい。
  • SFの世界なら、派手なシンセや電子ドラムの出番。
  • オリエンタルな雰囲気なら、クロテイル(手のひらサイズのシンバルのような楽器)、シタール(ギターのようなインドの弦楽器)の音色を活かした曲で…

見ている映像の中に吸い込まれるような、登場人物の気持ちに重ね合わせるような、そういう「場面に適した曲」

それを「いい曲」と言うんじゃないのかな、と思います。

「いい曲」は往々にして相対的だけど、楽曲制作業は相対的な判断にブレない、絶対的な「いい曲」を作るのが求められ、それが仕事であると考えます。

そして、NRTサウンドの楽曲を求める人に、「いい曲」を制作して、提供していければと思います。

プレミアム楽曲集紹介

NRTサウンドが贈る、商用使用フリーで許諾申請の手間いらず、
簡単便利、職場の即戦力になる楽曲CDです。

Volume1 Rest Volume2 Uptempo Volume3 Luxury Strings

購入はこちら

BASE Webshopにて販売中です。


楽曲制作のお問合せ・見積りはこちら


問合せトップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です