2022年所信表明

皆さん、新年あけまして、おはようございます。

正月

2022年が始まりました。
アフターコロナ元年とは成ってほしいものの、年始から感染者数が増えているのは少々懸念を覚えます。
果たしてそれが、去年同様季節柄ゆえなのか、再び感染防止におろそかになっているのかはわかりませんが、油断は禁物です。

さて、2022年…
去年9月にNRTSブログを復活させたことの延長にはなりますが、守勢一転、攻めの姿勢で臨もうと思います。
活動の主軸は以下の通りです。

・楽曲販売の活性化
・新しい方向性に即した制作のプロモーション
・サンプル楽曲の新規
・作詞を仕事に

「楽曲販売の活性化」

去年、ミツカンさんのCMにNRTサウンドが制作した楽曲がBGMで採用され、400万再生以上の再生数を確認しております。楽曲販売は何年も続けていますが、それが実を結んだことを示すありがたいものだと思っております。
今年は、楽曲販売のための楽曲制作に力を入れ、楽曲の販売もそうですが、それに伴う実績の獲得を目指します。

「新しい方向性」

音楽業界や、それと密接に関係する業界だけでないところに、楽曲制作の仕事を請け、提供する…
「楽曲制作は最早、音楽業界のものだけではなくなりました」は、前々から度々言ってきたこと、それを実現するために、新しい楽曲制作の提案をする…そのための準備を進めていこうと思います。

「サンプル楽曲の新規」

楽曲販売の活性化に含まれますが、販売楽曲の制作を通じ、新しいサンプル曲の準備を進めます。
そして…

「作詞を仕事に」

現在、NRTサウンドでは、作詞を請け負ってはおりません。
しかし、案件の請負には、作詞を請け負ってほしい、歌ものの楽曲を作るにあたって歌詞の制作に携わるシーンもありました。
「歌いたいけど、歌えない」
その背景には、歌唱力がない、歌うためのバックオケがないだけでなく、「歌詞が紡げない」こともあるでしょう。歌詞全てを作成するまでいかなくとも、歌詞の作成を支援できるだけでも、大きく違うと思います。
しかしそのためには、まず、作詞を仕事レベルに持って行けるまでに、鍛えなければなりません。これは…新しい生活の構築が必要そうですね。

2022年…
アフターコロナ元年となった時に、決して出遅れることがないように、攻めの姿勢で臨もうと思います。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
フォームもしくはEメールにてお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。