サービスイン!

皆さん、おはようございます。

9月ごろから予定していました新サービス、ようやく起動しました。
それがこちらです。

ココナラでの楽曲制作請負がサービスインしました。
ココナラと言えばCMを打っているほどの制作請負のポータルサイトとして有名です。もちろん、楽曲制作の請負を始め、楽曲関連の請負も扱っています。
楽曲制作はNRTサウンドのサイトでも受け付けていますが、ココナラの方が運営が介入している分、安心して依頼しやすいという利点があります。
ただ、目的はそこではありません。

ココナラに出張所を設けた理由

ココナラでの案件請負は、NRTサウンドが請け負うものの、NRTサウンドの請負窓口ではありません。
これが意味するのは何か…
大きな流れに面している請負窓口を設けることもそうですが、ココナラの利用者層に応じた案件を請け負うことを目的としています。

ココナラに対しては、正直なところ、世間一般の相場を逸した額面での請負を売りに出す同業他社がいるイメージがあります。そこに対して、普段のNRTサウンドの相場を提示すればどうなるでしょうか…
単純に想定されるのは「同じ業務内容に対して値段で比較されて案件を逃す」です。つまり、通常の業務請負窓口をココナラに設けたところで、案件を獲得するのは難しいでしょう。とはいえ、安請負で実績を増やすわけにもいきません。それで得られるのは、「相場を逸した安い値段で請け負った実績」であり、それが正当な相場での請負につながることはありません。

そこで、ココナラでは、比較的低価格でも問題がないライトな案件を中心に請け負っていく方針を打ち立てました。
NRTサウンドのサイト上で請け負う案件は値は張るけどバックアップ体制を手厚くしたプロジェクト、ココナラでは低価格短期納期を打ち出した、制作時間が短くリテイクなしの単発系での案件獲得を目指すこととなります。
これなら、激安案件という印象がなく、低価格短期納期を問題なく打ち出せて、実績数を積むことができると考えました。「激安案件」というのは、何も額面が安いという意味ではなく、「作業内容の割に額面が低い」という意味です。

ただ、この額面で楽曲を作りますというのは、あくまでもこの条件ありきということをしっかりと伝えないと、同業者を含めて全体のダンピングを助長しかねない…それだけは注意しなくてはなりません。
この作業にはこれだけの労力がかかることをクリエイターが訴求しなければ、自らの属する業界を守ることができない…これはクリエイターが直接的なモノ作りだけでなく、クリエイターという商売人として持つべき心構えであると、改めて思うところです。

なお、ココナラではサービスとして楽曲制作案件を販売しますが、現状毎年恒例のお盆と正月のアレに関する繁忙期のため、サービス販売開始は来年1月となります。ご了承ください。
(ココナラのクリエイターページから依頼することは可能です)

★ココナラのクリエイターページはこちらから★


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
フォームもしくはEメールにてお問い合わせください。

楽曲制作の値段の内訳って?

皆さん、おはようございます。

今回は、掲題の通り、楽曲制作の額面の内訳について迫ります。

楽曲制作料金の内訳とは

大きく分けて以下の通りです。

・作業時間に対する対価
・事務作業に対する対価
・機材管理に対する対価
・外部制作に対する対価

この中で、案外気にされにくいのは「事務作業」と「機材管理」かと思います。
例えば、作曲をして、編曲をして、作業機で形にして、仕上げて…楽曲制作の作業自体はこれで終わりですが、成果物を納品しなければなりません。その納品作業~請求書の発行に当たるのが事務作業ですし、楽曲制作以前に楽曲制作の依頼を受領するといった前段階も事務作業に当たります。案外、書面を用意する作業、制作のコンセプトをヒアリングする作業、メールでコンタクトを行うことには時間がかかるものです。
もちろん、作業時間に対する対価に事務作業の料金を含んで考えるケースもあると思いますが、そうなると「作品制作の時間がかかる場合に、作品制作の時間に依存しにくい事務作業の額面が増える」といった事態が起こることになります。

そして、意外と忘れられやすいのが「機材管理」です。
ボーカルを録音すれば、ハードディスクに録音データを保存する、プロジェクトファイルをバックアップすることもさることながら、現在使用している機材の修理および将来的な買い替えを見越した新機材への積み立てなどにも用いられます。
もちろん、機材管理の分を作業時間に対する対価に含めて考えるケースもありますが、事務作業と以下同文です。

ここまで書いていると、おそらく「まるで企業のようなことやってますね」と思う方もいらっしゃるでしょうけど…そもそも「個人事業者」なので当たり前ですね。個人商店レベルでも単に売り物を安く仕入れてその値段より高く売った差額の粗利益だけで事業を営んでいるところはありません。
楽曲制作の値段を決める際にこのようなことを意識している…あえてそれを記事にするのは、何かと「どうして楽曲制作にこんな高い値段がつくの」と言われる、楽曲制作の値段について理解を求めると同時に、一部同業者による採算度返しのダンピング(相場の暴落)を防ぐ狙いがあります。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
フォームもしくはEメールにてお問い合わせください。

11月のNRTサウンド

皆さん、おはようございます。

分岐点

本来は10月からのサービスインを目指していたのですが、様々な状況が重なり、次の一手を打つタイミングが今月末になる見通しです。
これについては先月の記事にもありましたが、コロナ禍などで不利な状況が続いている楽曲制作業務に一手を講じるべく導入するものです。そこについてもサービスインまでのお楽しみ、とさせてください。

〇月のNRTサウンド

ふとこの題材を記事にしたのですが、これは定期的な作業報告みたいな感じでよさげですね。
月末は奉仕作業(ボランティア清掃)の記事を書き、月初は作業報告の記事を書く…これは定期的な更新をする上ではモチベーションを保てるので有効ですね。

このブログの定期更新が始まって1年が過ぎましたが、定期更新を始める前は更新していたのがある日を境に更新が途絶し2年ほど放置という状況がありました。そこには「できるだけ頻繁に更新することで活動している状況を訴求する」というアドバイスに従ってできるだけ頻繁に更新していたのですが、「できるだけ頻繁に更新しなければならない」という強迫にも似た観念に囚われ、ある時更新ができない状況が長く続いた時、その観念は逆転して、更新停止という状況に転じてしまいました。

そのため、更新を再開するにあたり、週1回(特定時期は休みを設ける)のペースで、ボリュームも多くて1000文字程度という制約を設けました。
それもあり、今のところ特段忙しい状況でない限り、週1での更新は保たれています。

ひとまず、今月末の「次の一手」がサービスインするように、進めてまいります。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
フォームもしくはEメールにてお問い合わせください。

10月からのNRTサウンド…のはず。

皆さん、おはようございます。

分岐点

以前、9月の記事で「10月から新しいことをやるために準備中…」と書きましたが、その後の進捗はいかがでしょうか。
結論から言うと、現状進んでおりません。

簡単に説明すると…
楽曲制作の需要は、商業から個人レベルまで、幅広いレンジを持っています。
しかしながら、商業レベルの請負では、制作料金が高く、個人レベルをカバーできないという欠点があります。とはいえ、個人レベルのために制作料金を下げると、低価格を売りにする事業者と同じになってしまい、「個人レベルに対してはこの料金で制作できるのだから、同じ作業を商業でも同じ価格でできるだろう」と、業界全体のダンピングの助長につながってしまいます…
そこで、個人レベル向けの安価なプランを用意することとしました。
もちろん、個人だから商業レベルとは作品のクオリティに差をつけるというわけにはいきません。個人レベルだから同じ作業でも安くするとなれば、それは商業レベルに対する背信になってしまいます。もちろん、採算度返しの作業を行うという選択肢はありません。
そうなると、どうやって安価な作業を不利な負担なく進められるでしょうか…

ここについては、実際にサービスインしてからの答え合わせとさせてください。

コロナ禍の時代は、良くも悪くも働き方に進化をもたらしました。
NRTサウンドも例外ではなく、小口案件を主体とした立ち回り方に改めることとなりました。
それでもまだ不十分なところがあり、10月から新しい展開を、と思っていましたが…9月から忙しくなったため、その予定を後ろ倒しにしています。
現状、サービスインは11月下旬を予定しています。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
フォームもしくはEメールにてお問い合わせください。

牛丼が500円以内で食べられる理由

皆さん、おはようございます。

牛丼…

牛肉を甘辛く煮たものを、ご飯の上にのせて、お好みで玉子をかけて食べる庶民のメニューですが、よくよく考えると、牛肉を甘辛く煮たものって、結構贅沢なものじゃありませんか?
それがなぜ、庶民のメニューという、安いイメージを纏ったものになったのでしょうか。

500円で牛丼が作れますか

本題に参りましょう。
飲食店で出す牛丼が500円以内で食べられるのは…当然ですが飲食店からすれば諸経費込みで500円以内で済ませられるからです。500円を越えたり、500円に肉薄していては、店が損してしまいます。
しかし、各家庭で500円以内で牛丼を作ることは可能でしょうか。
結論からすれば、材料費で肉薄するかと思います。
材料費だけであれば500円以内で抑えられるかと思いますが、そこに様々なコストを入れたら、500円払って牛丼を食べに行った方が安上がりと思うのではないでしょうか。
牛丼を作るためのコスト…それは以下のものが挙げられます。
・材料費
・牛丼を作るための労力
・牛丼を作るための道具
・材料を格納するだけのスペース
特に、家で牛丼を作るとなると、材料費もさることながら、後者3つの占めるコストの割合が大きいかと思います。

なぜ500円で牛丼が食べられるのか

では、なぜ飲食店では牛丼を500円以内で作ることができるのでしょうか。
考えられるのは以下の通りです。
・大量に仕入れ、材料費を抑える
・牛丼を調理するための機材設備が揃う
・牛丼を調理するコストを極力抑える
では、各家庭に飲食店と同じ要因を導入すれば、牛丼を安く食べることができるのでしょうか?

答えはもちろん、NOです。
牛丼を食べたいからこういった設備を導入すること自体が割に合いません。
なので、牛丼はプロに任せて、おいしくてお得な牛丼を味わいましょう。

今回、牛丼という音楽に全く関係のない話をしたかのように思えますが、楽曲制作も例に漏れず同じだからです。
今やコンピュータ上で楽曲制作は完結できるとはいえ、各個人が楽曲を必要とするときに、必要な楽曲を低コストで作ることが果たして可能でしょうか?
楽曲知識ゼロの状態で作ろうと試みてもいたずらに時間だけが過ぎていきますし、イメージに似たような楽曲を探すとしても、果たしてその音源にどうやってアプローチすればいいのでしょうか。
そうなると、楽曲制作に長けている人に、こういう感じで制作をお願いしますと言ってしまった方が、ずっと安上がりではないでしょうか。

餅は餅屋、音は音屋に。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
フォームもしくはEメールにてお問い合わせください。

10月のNRTサウンド

皆さん、おはようございます。

分岐点

夏がようやく終わりを迎えようとしています。
涼しい日が目立つようになりましたが、それでも夜は意外と温度が下がらなかったりと、局所的にエアコンを使うこともまだありますが。

NRTサウンドの10月

現在、NRTサウンドは10月の事業拡張に向けて準備を進めています。
コロナ禍を迎え、楽曲制作の請負体制は大きく変わりました。これまで楽曲制作を生業としていた人たちが、SNS上で求職の声を上げ、死活問題となるほどです。
NRTサウンドも例外ではなく、大口での受注路線から一転、1曲からの小口受注を主体として請け負う方向性に転換しました。

さて、10月の事業拡張ですが…
現状で説明できる範囲としては、小口受注を中心にすることからは変わりませんが、小口受注をより多く受けられるような体制づくりを目指しています。詳しいことは、10/1ごろの更新辺りでお知らせできればと思っています。

現在、10月に向けて水面下で準備中です。少々お待ちください。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
フォームもしくはEメールにてお問い合わせください。