「リダイレクト系広告」って何?

サイドバー

皆さん、おはようございます。

 

インターネットで調べ物をした時、こんな経験はないでしょうか…

「調べ物をしていたら突然変なサイトに飛ばされた」

「いきなり画面いっぱいに『ウイルスに感染しています』って画面が出てきた!」

「変なサイトに飛ばされた…ウイルスに感染したんじゃ…」

“「リダイレクト系広告」って何?” の続きを読む

投票に行ってまいりました

選挙

皆さん、おはようございます。

選挙
4/7は統一地方選挙の投票日です。
多くの都道府県・地方自治体で、知事選・議会選の選挙が行われます。

もちろん、朝の散歩ついでに、投票してまいりました。
投票所は少し遠いですが、散歩コースとしてはちょうどいいものです。

神奈川県知事選挙に県議会議員選挙、そして市議会議員選挙と3つ重なりましたが、それぞれ、ポスターを見たり公約を見るなどして、しっかりと票を投じてきました。

投票は国民の権利であり、有権者の義務です。
直接行政を動かすことができない以上、少しでも自分の思いに沿った議員に、投票という形で民意を表明する権利があり、有権者の義務だと思います。
確かに世代間による票田の層の厚さも違いますし、公約自体が特定の年代層に重きをおいている候補者もいることでしょう。それでも、自分の年代層がこれだけこの候補者を支持しているということを伝えれば、すぐにとは行きませんが、耳を傾けるようにはなります。
だから絶対に「面倒だから投票に行かない」「自分が投票しても世の中は変わらない」なんて諦めないでください。投票に行けば変わる可能性はありますが、変えようとしなければ絶対に変わりません。

もちろん…

  • 不在者投票のための正当な理由を求めない
  • 不在者投票所の増設および混雑緩和
  • 夜遅くまで開設する駅前に不在者投票所を設ける
  • 企業が休出や勤務時間に配慮する

など、不在者投票の物理的心理的な敷居を下げ、投票率を上げる行政の努力は必要でしょう。投票日に投票所の敷地内に出店を出すなど、ただ投票のためだけに赴くのではなく、地域活性化イベントの一環のように扱うのも面白いかもしれませんね。

 

しっかりと考え、自分の意見を1票として届けましょう。

楽曲制作のお問合せ・見積りはこちら


問合せトップ

節分といえば恵方巻き!

皆さん、おはようございます。

節分といえば、暦の上では冬から春に変わる日であり、旧暦で言うところの大晦日。
豆を撒き、鬼(病気や不安などの邪気全般)を追い出し、新年を迎えるというものですが…

近年は恵方巻きを食べる風習が定着しましたね。
早速恵方巻きを買ってきて、食べることにします…

恵方巻きとは

関西圏では昔からある節分の風習で、太巻きをその年の恵方を向いて、誰とも喋らずに一気に食べるというものです。

関東圏では、2008年頃に大手コンビニやデパート事業者がピックアップし、急激に広がった印象があります。そのため、関東と関西では、恵方巻き文化に対する理解や解釈には隔たりがあるように思えます。

恵方巻きを食べます
“節分といえば恵方巻き!” の続きを読む