確定申告とインボイス

小銭

皆さん、おはようございます。

小銭

確定申告のシーズンが始まりました。
個人事業者とはいえ事業者である以上、NRTサウンドも確定申告を行います。

さて、今年はインボイス制度が施行されてから初となる確定申告となります。
簡単に言うと、納税義務のある消費税分のうち、的確請求書発行事業者に対し支出した場合、的確請求書発行事業者が支出分に対する税額を納税することを条件に、その分の額面を減免するというものです。
消費税を100万納める必要がある事業者が、ある取引先への支払い額に消費税分10万円を含んでいた場合、取引先が的確請求書発行事業者であれば、取引先が10万円分の消費税を納税するので、事業者が納税する消費税額が10万円減る、というものです。

では取引先が的確請求書発行事業者ではない、免税事業者であれば…?というと、当然ですが的確請求書を発行できないので、10万円分の消費税を含んでいても、事業者が納税する消費税額が減ることはありません。大多数のクリエイターが免税事業者に当たるため、的確請求書を発行できないことを理由に案件獲得で不利益を被るのではないか…そう懸念されたのがインボイス導入前の騒乱の原因でした。

ちなみに、免税事業者が的確請求書発行事業者登録をすることは可能ですが、その場合は的確請求書発行事業者として、消費税額分の納税義務が発生します。但し、支出のうち、的確請求書発行事業者に支払った消費税額分は同様に減免できます。なので「免税事業者が的確請求書発行事業者になったことで、売上の10%近くが消費税納税としてそのまま失われる」ということはありません。

なお、免税事業者に支出した場合、消費税納税額は減らないのかというと、2026年9月分までは8割、2029年9月までは5割が消費税額相当分から免除されます。「免税事業者に支払うと消費税納税額が1円も浮かない」ことは、しばらくはあり得ません。

ちなみに、的確請求書を発行できないことを理由とした取引の打ち切りやその示唆、的確請求書発行事業者への登録を強要した場合、独占禁止法に抵触する「違法行為」となります。
クリエイターとしては、的確請求書発行事業者になるかどうかを自身で考えることもさることながら、大部分が免税事業者に収まるだけの事業規模しか持っていない現状を訴求し、世間の理解を進める努力を怠ってはいけないでしょう。

青空とXデー

分岐点

皆さん、おはようございます。

分岐点

この2つの単語で、ピンとくる方がいるかもしれません。
先日、BlueskyというSNSが招待制を廃止し、自由受け入れになりました。
これに伴い、多くのX(元Twitter)ユーザーがそちらでアカウントを作成する事態となりました。

Twitterから新しいSNSへと避難用アカウントを作るムーブメントが起こったのは、今回が初めてではありません。過去に何度かありましたが、先のBluesky招待制撤廃に伴うここまで大規模なムーブメントはありませんでした。
新しいSNSへと避難用アカウントを作るムーブメントはいくつかありましたが、「投稿しているイラストがBAN(アカウント凍結)対象となる」「AI巡回により無差別かつ大量に凍結された」「プロフィール変更でアカウントロックされ復帰できない」など、Twitterへの不安や不信感からくる内容がきっかけでした。今回の前では、2023.02頃のAI巡回による無差別かつ大量の凍結が大規模なもので、ツイッタールールに抵触したわけでもなく凍結させられ、それを機に別のSNSへと移行した方も少なくはなく、目に見えてツイートのインプレッションが減ったのはこの時でした。
ただ、今回のBluesky招待制撤廃はそれを上回った印象です。

その背景にあるのは、社会現象として名が知られるようになった「インプレゾンビ」です。

ツイッターがXと名を変えると同時に、有料プランが導入され、有料プランは青バッジの付与、文字数上限140文字からの大幅拡張、広告の頻度減少、そしてインプレッション(ツイートの表示回数・いいね・RT・詳細表示)に応じた収益化が行われるようになりました。
その結果、どうなったのか…

インプレッションを稼ぎ収益化を目的とした、インプレゾンビが出現しました。
具体的には、バズツイート(トレンドに上がるような影響の高いツイート)にAI生成による無関係なリプライをぶら下げたり、トレンドワードを大量に含んだツイートを行ったり、他のユーザーのリプライを複製して投稿したりしてインプレッションを稼ごうとする、いわゆる「荒らし」が横行する状態となりました。それが駆逐(スパムとしてツイートやアカウントを報告&ブロック)してもバイオハザードのゾンビのように次々と湧いてくることから、インプレゾンビと呼ばれるようになりました。
残念ながら、これについては全く対策がされていません。全く対策がされていないとは限りませんが、素人目に見ても有効な対策が講じられている様子はうかがえず、野放し状態になっています。
もっとを言えば、今のX(旧Twitter)は、治安面で機能不全に陥っています。
そんな中で、元Twitterの開発チームが手掛け、ツイッターと酷似したUIと使い勝手、シャドウバンや不意の凍結に怯えることも、インプレゾンビもいないSNSが現れれば…かつてのTwitterを求めて地獄に垂らされた蜘蛛の糸と言わんばかりに大規模なアカウント作成報告が出ることは必然です。

もちろん、これだけ注目され始めたBlueskyも、収益化などが絡めばたちまちインプレゾンビの侵略先になりかねませんし、出会い目的のスパムアカウントが増える可能性も考えられます。これらに対処できなければXの二の舞ともなりかねません。

Xの機能不全は、高いインプレッションを望んで広告を出そうとする企業などにも発信力の損失を与えます。ユーザーが減れば、広告を出す意味がなくなってしまうわけですから。そうなると、企業も企業の情報を手に入れたいユーザーも、誰も得しません。

盛者必衰…
安心して利用できる環境を取り戻さない限り、Xデーは着々と近づいていくでしょう…

機材を購入しました

皆さん、おはようございます。

前回、こんな機材があるということで、ラジカセを紹介しましたが、この度機材を新規しましたのでご紹介します。
どうぞ。

前回のラストで「そろそろ買い換えたい」と思っていたラジカセです。
CDとラジオとAUX(外部入力)に対応し、前のラジカセにあったテープデッキと乾電池での駆動は使わなかったので要望から外しました。

CDとラジオ、AUXだけでなく、USBポートもついています。これはUSBメモリ内にある音源を再生できるもので、CD-DA規格(オーディオCDに収録するための決まった規格)ではない音源データでも再生できます。これは、PCからダウンロードした音源をそのままデータから再生できるので、ラジカセでの音質を確認したい場合に、わざわざCDに記録して確認する必要がなくなります。

そして大きいのは、Bluetooth対応ということですね。
携帯端末ではハードウェア的に音声再生が力不足となるケースは多いですが、Bluetooth接続で携帯端末の音を外部機器に飛ばすことで、そのネックを解消することが可能となります。

あと、見た目がオーガニックで、CDも縦にセットするためスリムでデザイン性も高いなと思ったのが購入を押した要因でもあります。

今年は生活空間をリファインすることも目標にしているので、少しずつ、改善していきます。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
フォームもしくはEメールにてお問い合わせください。

こんな機材使ってます

皆さん、おはようございます。

楽曲制作を請け負っているNRTサウンドですが、実はこんな機材を使ってます。
…どうぞ

ラジカセです。
テープ・CD・ラジオが聴けます。

…もしかしたら意外と思うかもしれません。
ラジカセの音質は、お世辞にも良いとは言えません。明らかに高音が足りません。
それでも使う理由は、音質以外のチェックを行うには十分だからです。

オーディオCDを作成した時、作成した内容に問題が無いかをチェックする場面ではラジカセが役立ちます。再生できること、収録内容は適切なこと、音飛びしていないこと…これらを確認するために作業機を立ち上げるのは明らかにコスト不相応です。

とはいえ、CDを聴くまでのステップが少ないため、クラシックなどの音楽CDはラジカセを使って聴いています。
ただ、このラジカセも、相当年季が入って、再生時にエラーを起こすことがしばしば…そろそろ買い替え時ですかね。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
フォームもしくはEメールにてお問い合わせください。

新年のご挨拶2024

皆さん、新年あけまして、おはようございます。

2024年になりました。
今年は「辰年」ということで、いろいろな「”たつ”年」になればと思います。

・立つ:新しい案件の獲得、案件獲得の戦略の確立
・断つ:悪い流れ、悪い習慣を断つ
・龍:龍勢のように力強く

去年は多忙が続き、あちこちに奔走した1年でしたが、それ故にブログ更新が滞るなどの影響が出るなど、安定した運営に課題を残す1年でした。特に9月ごろに新しいプランを出すと公言したにもかかわらず、サービスインすら見えていません。
今年は業務のピークの有無にかかわらず、安定した運営と、安定した請負ができるようにインフラ整備から取り組んでいきたいと思っています。

今年のロードマップですが…

●NRTSサイトリニューアル
・新プランリリース
・個人・法人テーブル導入
・問合せ窓口整備
●ココナラ展開の活性化
・NRTSとは違った請負プランのリリース
●オーディオストック楽曲販売
・季節ネタの新曲リリース

こんな感じで、小回りの利く展開を目指していこうと思っています。
特に「個人テーブル導入」という、楽曲制作請負を個人レベルに対しても開くことで、楽曲制作請負の可能性を広めていくことに期待しています。

また、サイトのリニューアルについては、箇条書きで挙げた内容のみでなく、ウェブサイトを訪れるということはどういうことなのかを意識した、サイトのコンテンツそのものから見直す大掛かりなものになりそうです。
近年、SNSでの情報発信が主流となり、過去のように頻繁にウェブサイトを更新する必要性はなくなりました。ウェブサイトに対しては情報の真新しさを求めてアクセスするよりも、本棚の辞書のように必要な情報を適宜引き出すためのアーカイブ的な位置づけに近づいています。
それに立ち返り、ウェブサイトを訪れ、情報を収集し、必要に応じて問合せを行う一連のシナリオに適ったウェブサイトである必要があると考え、リニューアルを目指しています。

今年は年始早々、衝撃的な事件が相次いでいますが、過剰な情報に惑わされず、落ち着いて進んでいきましょう。


楽曲制作承ります!

NRTサウンドは1曲より楽曲制作を請け負います。
フォームもしくはEメールにてお問い合わせください。

2023年を振り返る

朝焼け

皆さん、おはようございます。

朝焼け

2023年が終わります…
今年は、企業や団体の有名なところが告発されて失墜するなどの波瀾に、記録的な酷暑、クリエイター界隈だとインボイス導入で騒動があるなど、とにかく落ち着く暇がなかった1年でした。

NRTサウンドの今年の業績としては、地方自治体の楽曲制作案件を始め、VTuberの配信用BGMの作成にオリジナルソングの制作協力と、個人から団体まで幅広く請け負うことができたと思います。ただ、その分だけブログ更新頻度が不安定になったことがあり、そこは来年の課題としたいと思います。

来年の目標ですが、楽曲制作を請け負うことは言うまでもなく、今年の多忙のよって露呈してきた課題の解決をメインとしたいと思います。特にココナラは登録しても実質停止状態にあったため、しっかりと稼働させること、稼働させるにはどうすればいいか、何が必要かを明確にすることが課題として挙げられます。
あとは、サイトリニューアルも検討して取り組んでいきたいと思っています。

2024年…辰年にちなんで龍勢の如く活躍できる1年になりますように。