はじめに

~NRTサウンドの理念~

皆さん、おはようございます。
音を、世界を創る。NRTサウンドです!

音楽を、もっと身近に…!

音楽制作というと、真っ先に思い浮かぶのは、歌手やアイドルグループの楽曲制作や譜面を前にした大規模な制作風景… おそらくは、自分にはこういう制作依頼に縁がない生活をしている、と思われることでしょう。

しかし、こんなことはないでしょうか…

職場、イベント、店内… もしここに音楽があったら…

その時こそ、今の職場環境や私生活をレベルアップさせるチャンスです。 そして、この文面を見ている今現在、楽曲の導入をとお考えではないでしょうか。

音楽を導入したい、魅力を高める音楽がほしい…!

ですが、音楽の導入を考えると、音選びや著作権関連の手続きといった導入のためのコストが掛かります。 自作しようとすると、技術的な問題が立ちはだかり、理想とは程遠い出来に悩むこともあるでしょう。

しかし、生活や仕事、コンテンツのクオリティアップを図ろうとするその気持、決して無駄にしたくはありません。 そのために、NRTサウンドは、親身になって相談に応じ、二人三脚で協力いたします。

NRTサウンドの強み

 感情に訴える音楽

NRTサウンドの制作スペース NRTサウンドの制作スペース

NRTサウンドは、電子的な楽曲よりも、オーケストラ楽器や生楽器を使った編曲を得意としています。 生楽器の持つ、表情豊かな表現と、優しさや温かみのある音色は、聴く人を癒やし、感情に働きかけ、 コンテンツの良さを引き立てるのに最適です。

もちろん、コンテンツに相応しいと判断すれば、バリバリの電子的な音楽も制作します。

 制作環境にこだわる!

トランペットなどの管楽器に、バイオリンなどの弦楽器、フルートやドラムセットなど、生の楽器を使う曲は、 制作機材の質がそのまま反映されます。

NRTサウンドは、とことん音に拘り、制作機材を吟味し、良質な機材を導入しています。 それが、表情豊かで高音質な楽曲を、低コストで提供する秘訣です。

 ストリングスが得意!

ストリングス ストリングス

バイオリンなどの弦楽器の集合、ストリングス。四重奏からフルオーケストラ、ポップスのバックに使われるなど、 楽曲に欠かせない引き手数多な存在ですが、その扱いは難しく、苦戦するアレンジャーも少なくありません。

NRTサウンドは、そんなストリングスの扱いに長けています。

優雅で美しいハーモニー、時にパワフルで、喜怒哀楽が激しいストリングスは、単なるアレンジの埋め合わせとは言わせません。

その魅力的なストリングスは、楽曲制作を依頼する、あなたのものでもあります。

提案力で、勝負!

コーヒー コーヒー

「この場面に相応しい音楽って、どんなんだろう?」

場面に合った音楽を選ぶのは、難しい場合があり、間違った音選びは、コンテンツの足を引っ張りかねません。

でも大丈夫です!

NRTサウンドは音楽制作の際に、こういう方向性はどうかと、 心理的、感情的、情景的…様々な角度から吟味し提案します。

NRTサウンドのポリシー

 誰にも平等に接します

業界関係者だから優遇、非業界だから軽視する、ことは決して致しません。

個人・法人・同人・商業…垣根なく仕事を依頼される皆様を等しく1クライアントとし、 期待に応えるべく常に全力での制作をお約束いたします。

 実績よりも今の姿勢

実績は仕事をした記録であり、プロの名声たるものですが、実績に背もたれする事はあってはなりません。

過去の実績で勝負をするよりも、現在進行形で仕事に臨み、今はこういう仕事ができることをアピールする姿勢を大切にします。

音楽を作ったその先へ

狩野川を臨む 狩野川を臨む

楽曲制作者は、楽曲を作るのが仕事です。

しかし、NRTサウンドは、楽曲を作って終わり、とは考えません。むしろ、 楽曲を作ってからがスタートであると考えます。

店や作品やコンテンツのために作った楽曲が、それに触れる人にどんな感動を与えるのか、 それに触れた人がどう社会で活躍するのか…楽曲を作ったその先を見据えて、楽曲を作っています。

社会に貢献する姿勢

音楽で、社会貢献!

全ての職業がその仕事で社会貢献しているように、楽曲制作業も社会貢献できると信じています。

特に、インターネットでコミュニケーションができる今日、音楽制作は業界だけのものではなくなりました。 音楽が必要な時、音楽がほしいという声に、クリエイターが応えることができる時代になりました。

NRTサウンドは、身近にあるそんな声に耳を傾け、地域レベルからの社会貢献に協力します。

クリエイター紹介

ポートレート 略歴 ポートレート 略歴

主な実績

東京進出を目指す背景

インターネットでやり取りができる現在とはいえ、首都圏では顔合わせがしやすい上、 楽器演奏者、スタジオなどの設備が充実し、今後の仕事のクオリティを向上させることを考え、 東京進出を目指しています。

東京進出後は、能動的な仕事の獲得もさることながら、首都圏の利便性を活かした 生録主体の楽曲制作や、楽曲制作者・音響知識を活かしたアウトソーシング業務も 積極的に行っていこうと思います。

もちろん、地方出身者としての立場を活かした、地域社会への貢献の意識を忘れること無く。

依頼・問い合わせ

下記リンクより、メールもしくはお問い合わせフォームをご利用ください。
業界関係者、楽器演奏者・ボーカリストなど、ご協力いただける方の営業もお待ちしております!

△TOPに戻る△

前ページに戻る