Mobile Mode

Tablet Mode

よくある質問

トピックが緑色の項目

初心者向けの項目です

トピックが青色の項目

初心者向けですがやや難しい項目です

トピックがオレンジ色の項目

音楽制作についてある程度の知識が必要な項目です

トピックが赤色の項目

専門的な知識を要する項目です

音楽制作の基本編

項目をクリック/タップしてご覧ください

CD-DA規格ってなんですか?

サンプリングレートが44100Hz、ビットレートが16bit、 ステレオのwav音源のことです…と言う答えを求めているわけではないと思います。

音楽CDに収録されているデジタル音源の解像度のことで、音楽CDとして再生するためには、 CD-DA規格のファイルでなければ収録できません。それ以外の規格の場合、収録ができないもしくは、 強制的にCD-DA規格にして収録します。

WMPなどで記録する場合、WMA規格になることがあり、その場合はオーディオ機器で再生できない可能性が高いです。

ハイレゾ、ってなんですか?

先述したCD-DA規格と比べて、解像度の高い規格のことです。主に96000Hz、24bit、ステレオが挙がります。

音声ファイルの解像度が高い、というのは、デジタルカメラに例えるところの画素数を増やすことと同じです。 サンプリングレートは画素数(同じ風景を写真にとっても、1200×800よりも、2400×1600のほうがより元の風景に近い)のようなもので、 ビットレートは画素の色の変化度合い(同じ赤でも16段階と256段階では、どちらのほうが元の色合いに近いか)に相当します。

なお、ハイレゾ音源はハイレゾ音源をサポートしていないオーディオ機器では再生できません。もちろんオーディオCDとして記録・再生もできません。

パラデータってなんですか?

パラ=Parallel(並行・並列)という意味で、音楽制作においては、1曲を1本のwavファイルに纏めず、 各楽器のパートごとにwavファイルで書き出すことです。

パラデータとして各楽器のパートをwavファイルで書き出すことにより、パラデータを渡された側は、音楽制作用の ソフトウェア上で全パートを並べるだけで、環境の違いによらず楽曲の再現ができるのが利点です。

音割れはなぜ起こるのですか?

デジタル音源にする場合、音を電気信号に変え、その電気信号の強さを数値化するのですが、 音の入力が大きすぎて許容量を超えてしまう場合、電気信号の数値が最大値を超えて意図しない数値になってしまいます。

意図しない数値を読み込むことで、ビリッといった耳障りな音が鳴る、これが音割れの正体です。

音割れを防ぐには、音割れしないように余裕を持たせて録音するか、録音の際に音割れしないよう、 メーターを見ながら音量調整をしなくてはなりません。音割れしないようにリミッターを内蔵したものも多くありますが、 古い機種においては備えてない場合が多く、また、リミッターを積んでいても過入力された音は圧迫されたように音質が変化します。

プリマスタリングの利点を教えて下さい

編曲が完了した楽曲は、市販の楽曲程度の音量や周波数帯域ごとの出方の調整などを行う、マスタリングという工程がありますが、 プリマスタリングはマスタリングの直前、ミックスが完了した段階のことを指します。

コンピレーションなどで別のエンジニアがマスタリングを担当する場合、すでにマスタリングしたものを渡すと、 他の楽曲にあわせて音量やダイナミクスが下げられるなど、楽曲の魅力を損なう場合があります。 プリマスタリングの状態で渡すことで、コンピレーションなど他の楽曲と混在した状態でも、 それに適したマスタリングを行うことができます。当然、プリマスタリングはマスタリングされた音源と比べ、 音量感などで聴き劣りはします。

音圧ってなんですか?

音は空気を震わせる事で発生します。音圧とは、空気を震わせ、鼓膜を震わせる力のことですが、音楽的な使い方では、音圧というのは 聴感上の騒がしさ(ラウドネス)を指すことが多く、同じ音量で複数の曲を聴き比べた時に、音量が大きいと感じた場合は 音圧が高いと言われることが多いです。

音量が大きい、音圧が高いほうが低音域や高音域が聞こえやすく、音質がいいと感じやすいため、21世紀からの楽曲はとにかく 音圧第一の傾向が強まり、それはアマチュアの制作界隈にも広がっていきました。いろいろな曲をごちゃ混ぜで聞く以上、 音圧の低い曲は聞き劣ると判断され、聴かれなくなることから、挙って音圧を上げる…いわゆる音圧戦争の時代へと突き進むのでした。

音圧を上げようと思えば極限まで上げることは可能ですが、ダイナミクス(音量的な抑揚)との等価交換になるため、 音圧の高い曲は立体感のない窮屈なミックスになることが多いです。

ドンシャリってなんですか?

低音がドスドス、高音がシャカシャカしている楽曲のことを指します。

ドンシャリは低音の力強さと高音の鋭さが聴いた感じ派手で、音圧感も高いですが、行き過ぎると耳障りなだけになります。 また、ジャンルによってはドンシャリに仕上げることができないものも存在します。ドンシャリに仕上がる楽曲は、 ドンシャリに仕上げてくれと言われなくても必然的にそうなるジャンルである、と言えるでしょう。

見積もり・申し込み編

見積もりは有料ですか?

見積もりは無料です。見積もりの有効期間は発行後1週間です。

発注前に個人情報や資料の提出は必要ですか?

見積もり、依頼交渉の段階では提出の必要性はございません。見積もりや交渉においては、 法人名やサークル名でのお申し込みも可能です。

交渉成立の際、緊急の連絡先として、連絡の取れる電話番号とメールアドレス、 申込者の本名といった個人情報を頂戴します。ご了承ください。

見積もりを出したけどキャンセルしたい…

お見積りの有効期間は、提示より1週間です。提示後より1週間ご返事がない場合、 見積の失効により自動的にキャンセルとなります。キャンセル料は発生しません。

見積もり提示直後に料金改定を行った場合

料金改定の是非に関わらず、有効期限内である見積もり価格が適用されます。

見積もりの有効期限が切れ、再請求された場合、再請求時の相場が適用されます。

電話での見積もり・申し込みはできますか

見積もりの請求・お申し込みは、トラブル防止の為、Eメールまたは申し込みフォームからの受付のみとさせていただきます。

見積書の書面での発行はできますか?

希望があれば、書面で発行いたします。(見積書発行のみの場合は有料)

同人作品に使うので、安くなりませんか?

同人作品であるにせよ、楽曲を作り提供するという仕事に変わりはありません。そのため、同人作品だから安くする、 ということは行っておりません。

但し、予算が厳しいケースが多いことも事実です。どれぐらいの予算をご用意できるか、それを踏まえてご相談ください。 同人作品だから手を抜いていいわけがありません。個人、法人問わず、平等に仕事に臨む姿勢を大切にします。

制作期間編

制作中にキャンセルはできますか?

交渉成立後のキャンセルはできません。

交渉成立後のキャンセルは、作業の進捗により、最大1件分のキャンセル料を頂戴することがあります。
また、その際に制作した楽曲は譲渡致しません。

制作中の連絡方法について

基本はEメールでのやり取りとなります。緊急性が高い場合に限り、Skypeや電話での連絡に対応いたします。

リテイクはどこまで受け付けますか?

「ドラムを大きくして欲しい」などの細かな要望については受け付けますが、パートを大幅に増やす、尺を大きく変えるなど、 楽曲を大きく変える、作業負荷が大きい場合は、別件として扱う場合があります。

新たに書き起こす場合、リテイクする前の作品の納入の是非によらず、1件分の追加料金を頂戴します。ご注意ください。

納品・支払い編

領収書・請求書を書面で発行してほしい

納品までにその旨お伝え下さい。

納品後における請求書の発行希望はトラブルの原因となるため、お断りしております。

所得税について

所得税を考慮する場合の支払額は以下のとおりです。

支払額=制作料金総額-所得税額

なお、お支払い時の手数料などについてはご負担ください。

所得税分を差し引いた額を振り込まれた場合、後ほど源泉徴収票をご郵送頂く必要があります

支払いの締め切りについて

支払期限は納品から2週間以上後の、月末または15日です。該当日が休日の場合、休日直後の平日になります。

何らかの理由で支払いが間に合わない場合はご連絡ください。

その他編

オーダーメイド楽曲の使用に関する事項

オーダーメイド楽曲の使用については、複製・加工・再配布・販売など、その使用についての制限は基本的には設けません。

但し、以下要件に該当した場合は、著作者人格権に基づく公開差し止めをさせていただく場合があります、ご了承ください。

  • イデオロギー活動・宗教活動・反社会勢力による活動での使用
  • 特定の個人・団体などを誹謗中傷する、差別を助長するコンテンツでの使用
  • その他、NRTサウンドの名誉を毀損する可能性が明確なコンテンツでの使用

また、オーダーメイド楽曲の使用に伴ういかなるトラブルにつきましても、NRTサウンドはその責を負いかねます。

編曲に関する免責事項

既存曲の編曲については、著作者及び権利団体に対する許諾は全てクリアしているものとみなします。NRTサウンドでは 許諾申請などの事務作業は行っておりません

編曲業務に関して生じたトラブルについて、NRTサウンドは一切の責を負いかねます。

業務一覧にない仕事を頼みたいのですが

ご相談ください。

NRTサウンドに楽曲制作を依頼された際、業務一覧にない業務を依頼されたケースは多いです。 このような業務の蓄積が、今後の業務一覧に反映されて行くでしょう。

ボーカロイド使用曲の展開について

商業展開などにおける、ボーカロイドを使用した音源および画像(二次創作含む)は、㈱クリプトン・フューチャー・メディア社の定めるガイドラインに準拠します。

くどいようですが、NRTサウンドでは、許諾申請などの手続きは業務に含まれません。ご注意ください。

楽曲制作の値段、高すぎませんか!?

他の事業者でも同じぐらいの値段に収まるかと思います。最近良く見かける、1曲あたり数千円での制作相場は、 楽曲制作を本職としている方であれば、とてもじゃありませんがそのような値段設定はできません。

曲作りひとつとっても、考案、作曲、編曲、実機制作、ミックス、仕上げ…それに付随する事務作業… これだけの作業を果たして数千円で完遂できるでしょうか。 もし安請負を買った結果、期限を守られなかったり、途中で逃げ出されたりすれば、出費を惜しむ以上の代価を支払わされることは明確です。

NRTサウンドは、楽曲制作を本職とし、自負しています。安請負をせず、プロとしての仕事を全うすることをお約束いたします。 仕事をし、然るべき代価を頂くのは当然であり、代価をいただく以上、然るべき仕事を完遂するのも当然です。

なんで「Netladio」なんですか

ネットラジオという放送形態が生まれた時、ラジオ(radio)と区別するために綴りを変えた、という説が有ります。

※諸説あります

FAQもいいけど、おなかすいたよね

ガッツリ食べて、ガッツリ働いて、しっかり休みましょう!

これができれば、日本は元気を取り戻すと思います。これができる日本になるといいですね!

申込み・問い合わせ

下記リンクより、メールもしくはお問い合わせフォームをご利用ください。


前ページに戻る